Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

カテゴリー

TVアニメ第4話「ふたりのキモチ」 まとめ 感想

TVアニメ第4話「ふたりのキモチ」 まとめ 感想

スポンサーリンク

第4話のあらすじやハイライトシーン、登場キャラクター、管理人の感想など載せています。

他の回のアニメ感想まとめはこちら

第4話 あらすじ

国木田花丸は、いつも目立たない子でした。
運動が苦手で、演劇の主役を任されるよりも、背景の木を演じる、そんな女の子でした。
そんな花丸の居場所はいつも図書館でした。
そこで、親友となる黒澤ルビィと出会います。
二人は大の仲良しになり、親友と呼べる間柄になりました。
そんな二人をちょっと強引にスクールアイドル部へと誘う千歌!
入りたいけど、何かが引っ掛かる、そんな感じの二人でしたが、まずは体験入部としてスクールアイドル部へと加入します!

ハイライトシーン

管理人が選んだ第4話のハイライトシーンはこちら!

国木田花丸の過去

いつも笑顔を絶やさない花丸。
彼女は、いつも控えめで人との関わり合いが少なく、図書館に入り浸る文学少女でした!

黒澤姉妹の過去

生徒会長のダイヤと、恥ずかしがり屋だけどもスクールアイドルにあこがれるルビィ。
今ではぎくしゃくした関係の彼女ら姉妹は、以前はスクールアイドルが大好きでよく一緒に演じて遊んでいたほど仲がよかったのです。
今まで言えなかった思いを語るルビィに注目です。

果南と鞠莉、二人はスクールアイドルに深い関係が?!

果南が経営するお店に突如現れた鞠莉。
顔見知り同士の彼女たちは、次々と意味深なセリフを語るが、その真相は。

『Aqours』体験入部!

どうにも踏ん切りがつかないルビィに、花丸は『まずは体験入部してみたら?』と提案する。
花丸の案を聞き入れ、『Aqours』へ体験入部することになった花丸とルビィ!
ルビィは順調にダンスや体力作りのトレーニングもこなしていくが、運動苦手な花丸は足を引っ張り気味。
ルビィと花丸の階段での掛け合いに注目です!

第4話 登場曲

エンディング曲『ユメ語るよりユメ歌おう』 花丸&ルビィ

歌詞などの曲の詳細情報はこちらで紹介しています!

メインキャラクター

感想

第4話は花丸とルビィの1年生が中心のお話!
前々からスクールアイドルにあこがれていたルビィと、自分には無理と決めつけていた花丸。
スクールアイドル部への体験入部をきっかけに二人の気持ちは大きく動き、最後には加入しました。
新しく新入部員2人を加えたこれからのAqoursにこうご期待!

スポンサーリンク

ページトップへ戻る