Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

カテゴリー

Aqoursスペシャル朗読動画 【渡辺 曜】

Aqoursスペシャル朗読動画 【渡辺 曜】

スポンサーリンク

Aqoursのメンバーの素顔がわかる!?

Aqoursスペシャル朗読動画 【渡辺 曜】の視聴動画になります。

曜の詳細プロフィールはこちらからどうぞ♪

再生時間は2分34秒です。

※再生すると音声が出ます。

渡辺 曜 朗読動画 内容

曜 コメント私は浦の星女学院2年、渡辺曜、16歳。
特技は水泳の高飛び込みで、これは子供の頃からやってます。
ここは海辺の街だから、泳げる場所はいくらでもあるし、みんな泳ぐのは得意だけど―――飛び込みってなると、ちょっと違うっていうのが私の唯一の自慢かなぁ?
小さい頃はね、毎日、岩場の大きな岩から飛び込んだり、堤防から飛び込んだり、みんなピョンピョン海に入って遊ぶんだけど―――中学生くらいになると、もうそんなに泳いだりしなくなるでしょ?
でも私はやっぱりどうしても海が好きで―――いまだにこうして学校のプールでも毎日泳いでる。これってやっぱり父親の影響かな?
私のお父さんは、この伊豆半島から出る定期船の船長をしてるの。小さな頃はよく、一緒に船に乗せてもらってたりしたんだ。
海を走る船の上はいつも、ハッと息をのむ爽快さで―――風を切って走る船の甲板に出ると、まるで世界をひと掴みしたみたいな気になる。
どこまでも青い海と、どこまでも白い空しかない景色。
何度乗っても大好きで胸がときめいて―――いつだって、私、そのあまりの気分良さに、そのまま海に飛び込みたくなっちゃうんだよね!
バシャーンって。
高速船の高い甲板から飛び込むと、舞い散るスプラッシュ。暑い甲板の空気からたちまち水に包まれる―――ひんやり、最高の快感!
フフッ、こんな体育会系の私でも―――本当にアイドルになんてなれるのかな?
もし本当のスクールアイドルになってステージの上に立つことができたらその時は―――大型船の甲板の上、船長気分で「ヨーソロー!」って言っちゃいそ♡
なんでもまずは気分に任せて飛び込むタチだから。
アイドルの海にも―――どぼんってめいっぱいジャンプインしてみます!
それでは―――あの沖に輝くアイドルの星を目指して全速前進! ヨーソロー!!

スポンサーリンク

ページトップへ戻る